第3話

課長は社有車を運転し、私を病院まで運んでくれた。地元の救急指定病院だったから、すぐに着いた。課長は車から降りなかった。車の中で待っていると言う。A子さんに付き添っているであろう両親に気がひけたのだ。

いざ一人病室へ向かう段になると少し心細くもなったが、利己的な動機が背中を押した。

しかし、A子さんの個室へ片足を踏み入れたとたん、私は背中から倒れそうになった。彼女の痛々しい姿と、付き添う両親の必死の姿が、私の動機を吹き飛ばしたのだ。

このあと、事故の全容を推理し切るまでの三日間、いったい何が私の背中を押したのだろう? 被災者とその家族に対する同情か? 正義感か? いや、私を事務仕事に縛りつけている会社に対する鬱積だろうか?・・・ 分からない。ただ、これまで全く経験のないほど大きなエネルギーが沸いたことには違いなかった。

「どうだった? なにか分かった?」車へ戻った私に、課長は報告を求めた。

「いいえ、何も分かりませんでした・・・」鎮痛剤の影響もあってか、A子さんは昏睡状態にあったのだ。

私の権限が低いからだろうか。女性だからであろうか。ご両親は私には喰って掛かって来なかった。それどころか逆に、「ご苦労さま」とまで言ってくれた。この声掛けに励まされ「目撃者がいない」という情報だけ伝えることができた。これで、事故の経緯はA子さん本人へ訊くしかないという現実を、ご両親は自動的に理解した。会社側からの説明を強く求めていただけに、二人は肩を落とした。父親は大きく溜息をついた後、A子さんが目覚めたら連絡をくれると約束した。私は自分の携帯電話番号を残して病室を去った。

「そうだろうなあ、鎮痛剤だけじゃなく、鎮静剤も投与してるかもしれないしなあ・・・」

課長はクーラーの効いた車内でハンドルに両手を載せたまま茫然とした。

私もどうしていいか見当つかず、考え込んだ。たとえ半歩であっても踏み出すことはできないものだろうか。人間へのインタビューができないなら、何か”物”について調べることだけでも・・・

そうだ!

「課長。どうでしょう、お父さんから連絡があるまで、現場とマニュアルを照合してみませんか?」

「そうかあ、昨日、現場のほうは何度も見たけれど、バトルジェットの運営マニュアルは確認しなかった。でも、実際、マニュアルあるのかなあ・・・」

「それは当然あるでしょう」

「え? アッちゃん、バトルジェットのマニュアル、見たことあるの?」

「いいえ。まだ見たことはありませんが、今どき、マニュアルがない施設だなんて・・・」

前にいたカフェチェーン事業部でさえ、簡単なものとはいえ、店舗運営マニュアルがあった。ましてや大掛かりな機械操作や安全管理を行なう必要があるスリルライド。マニュアルがないはずがない。

課長は車を発進させた。事業部の本部ビルにある自分たちのオフィスには戻らなかった。遊園地全施設のバックヤードにつながっている通用門から入り、社有車専用の駐車スペースに車を止めた。

<次のページへ>

<目次に戻る>