「ヒューマンエラー・概論 -2『原因論』」 コース000003

《目次》

セクション1「ヒューマンエラー 『原因論』コース開講の趣旨」

セクション2「事故・災害の原因としてのヒューマンエラー」


2-1「事故・災害 原因の二大分類『ヒューマンファクター』

『非ヒューマンファクター』」
2-2「ヒューマンファクターの分類と発生頻度」
2-3「『準ヒューマンエラー』を原因扱いする際のポイント」
2-4「『ヒューマンエラー』を原因扱いする際のポイント」

セクション3「準ヒューマンエラーの原因」


3-1「準ヒューマンエラーの原因と原因究明時のポイント」

3-2「組織/業務の理念の不備がないか、確認する」
3-3「組織/業務の方針の不備がないか、確認する」
3-4「組織運営/業務運営の仕組みに不備がないか、確認する」
3-5「健康管理体制に不備がないか、確認する」
3-6「人事制度に不備がないか、確認する」
3-7「教育に不備がないか、確認する」
3-8「過酷な作業環境を放置したままになっていないか、確認する」
3-9「職場の人間関係が非良好な状態になっていないか、確認する」
3-10「多数原因の可能性も忘れないこと」

セクション4「ヒューマンエラーの原因」


4-1「ヒューマンエラーに的が絞られた段階の状況とは」

4-2「それでも発生の可能性があるヒューマンエラー」
4-3「可能性ゼロ達成ができなくても原因究明をやめてはならない」
4-4「ヒューマンエラーの原因の共通性とは?」
4-5「ヒューマンエラーの定義の復習」
4-6「ヒューマンエラーの原因の共通性の仮定」
4-7「ヒューマンエラーの原因究明時のポイント」

セクション5「ヒューマンエラー 原因論のまとめ」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です