評価 コース000070「人事制度の構築と運営の方法」パート5・人事制度の用語の定義

■ 評価

一般での、広い意味と同じようにして、当人事制度では扱う。その広い意味とはどういう意味かと言えば、文字通り「(何かの)値を評すること」である。だから、「誰々さんの仕事の成果を評価をする」という言い回しも可能だが、「何年産のワインの評価を行う」という言い回しも可能となる。
これに対し、「考課」という言葉は、人事制度上の規定(規程)に従い、社員・職員の基礎能力の開発・伸長の度合いや、仕事の成果を評価することに限って用いる。


<用語の目次へ戻る>