チームワーク主義 コース000070「人事制度の構築と運営の方法」パート5・人事制度の用語の定義

■ チームワーク主義
【当人事制度における定義】
自組織にとってチームワークは重要な課題であるとの判断に基づき、チームワークの実現・維持を阻害しない人事制度を構築し運営・運用していこうという主義。
【備考】
上記にある通り、「自組織にとってチームワークは重要な課題であるとの判断」があってこそ、この主義は成り立つ。組織タイプによっては、違う判断を下す場合もありえ、従って違う主義もあり得る。
では、どのような組織タイプが、チームワーク主義を必要とするのか? チームワーク主義のみならず人材育成主義も併せ持つ例示となるが、パート1セクション2「当コースの人事制度の主義とは?」を参照のこと。