コース000031 共通マニュアルのポイント

■セクション1「当コース開講の趣旨」

当コースは、コース000030「職務分掌マニュアルのあり方・作り方・使い方」を補足するためのコースである。
コース000030では、職務ごとのマニュアル「職務分掌マニュアル」に的を絞って、そのあり方・作り方・使い方について詳細に説明したように、職務分掌マニュアルは、個々の職務に就く人を主体としその仕事の内容を記述する。
これに対し、当コースでいうところの共通マニュアルとは、
A.全社員・全職員
もしくは
B.特定の事業部や部署の社員・職員全員
もしくは
C.特定の職位、
もしくは
D.特定の職群・職種等
が、職務の違いに関係なく行わなければならない仕事を、
一冊のマニュアルにまとめたもの。
もしくは
E.誰が使おうと同じ手順や注意点を守るべき機器・道具・施設・設備・コンピュータ等の取り扱いマニュアルである。
以下これらを共通マニュアルのタイプA、タイプB、タイプC、タイプD、タイプEと呼ぶ。
当コースでは、コース000030の内容を前提に、こうした共通マニュアルのあり方について述べる。
職務分掌マニュアルと共通マニュアルは、組織全体から観ると、仕事の情報媒体として、互いに補完する関係とする。ここでいう補完する関係とは、情報が片方になくとも、もう片方にある、という関係である。そして、情報の重複がない関係である。
なお、以下を読み進める前に、必ず、コース000030「職務分掌マニュアルのあり方・作り方・使い方」の受講を済ませて下さい。

講師/著者:蒔苗昌彦 講師プロフィール

《目次》
■セクション1「当コース開講の趣旨」
セクション2「共通マニュアルのたとえ」
セクション3「共通マニュアルの特性」
3-1「共通マニュアルの特性」
3-2「特性から沸く疑問と答え」
セクション4「その他補足」
4-1「規定(規程)との関係」
4-2「基本構成と書式・仕様」」
セクション5「まとめ 共通マニュアルのポイント」


<次のページへ>